話題のβグルカン

βグルカンを研究する

βグルカンとその作用とは 

βグルカンとは、アガリクスや霊芝などのキノコ類に含まれている特殊な成分で、細胞膜を構成している多糖類などと同じ不溶性食物繊維の一種です。βグルカンにはがんの予防やがんの増殖を抑える作用があると言われています。その他にも免疫力や抵抗力を高める作用や、免疫力の向上によるアレルギー反応の沈静化や血糖値を下げる、血圧を抑える、便秘解消、コレステロール値の低下作用などがあり、体内に侵入した細菌や異物を除去したり発病を抑える効果も期待されている成分です。

がん治療の進歩と5年生存率 

一昔前は、癌だと診断されると余命が少なく、「癌=死」というイメージがありました。しかし、がん治療が進歩した現在では、「癌=死」という概念はもうないでしょう。大腸がんでは、早期に発見されればほぼ100%治るというのが、医師の間では常識的な見解となりました。現在、全ての癌の5年生存率は約59%です。前立腺癌の5年生存率は約94%、乳癌の5年生存率は約89%です。がん治療が進歩した今日では、癌は決して不治の病ではありません。

運動をするための情報